Follow us
  1. パドロック(南京錠)のある暮らしTOP
  2. コラム一覧
  3. 自宅の防犯対策
  4. どれを選べばいい? 防犯性の高い鍵の選び方

どれを選べばいい? 防犯性の高い鍵の選び方

自宅の鍵の防犯性について考えたことがある人は多いのではないでしょうか。大切な資産や家族の安全を守るために大切な役割を果たしているのが鍵です。外部からの不法な侵入を防ぐために鍵を見直して、より安全な住まい作りを行ってみてはいかがでしょうか。

空き巣が狙うのを諦める家の鍵とは

大切な資産や家族の安全を守る際に気になるのが空き巣の存在です。不法な住居侵入によって最悪の事態を招かないために、まずは空き巣が狙うのを諦める家の鍵を知っておきましょう。

防犯性が高ければ高いほど狙われにくい

鍵のタイプについてはやはり防犯性が高ければ高いほど空き巣が狙いにくい家となります。ディンプルシリンダーなどの複雑なシリンダーとなればピッキングに時間がかかってしまいますし、必要な器具も増えてしまいます。またバンピングはピンシリンダーやディスクシリンダーにしか使用することができない方法となるので、バンピングを使って侵入を試みる空き巣にとって、これ以外のシリンダーであれば諦めざるを得ない状態になります。

1ドア2ロックを基本にしましょう

玄関などに複数の鍵を取り付けている家庭もあるのではないでしょうか。これも空き巣被害を避ける際に手段としてはとても有効です。突破しなければならない鍵がいくつもあることで解錠に手間取ってしまいます。防犯対策の観点からは1ドア2ロックを基本としましょう。

防犯性が低い鍵とは?

先ほど、空き巣が狙うのを諦める家の鍵についてご紹介しました。では、空き巣に狙われてしまうのはどんな場合なのかを詳しく見ていきましょう。

ピッキングやバンピングの被害に遭いやすいシリンダーとは

ピッキングやバンピングで狙われやすいのがピンシリンダーの鍵です。戸建て住宅やマンションなどで広く普及しているのがピンシリンダーですが、防犯性は低めのシリンダーとなります。ピンシリンダーは一列に並んだタンブラーの形がピン状になっており、鍵の刻みが一方向にしかないのが特徴となっています。

自宅の鍵の形状を確認してみましょう

自分の家の鍵の鍵山が片方にしかない場合はピンシリンダーを使用していると思っておいてよいでしょう。ロッカーや机などの鍵としても使用されていることが多いです。ピンシリンダーはピッキングやバンピングが安易であり、ピンシリンダーの種類によってはわずか数十秒で解錠されてしまうものもあります。

防犯性が高い鍵とは?

ピッキングやバンピングの被害に遭いにくい鍵に交換することで空き巣の被害を食い止めることができます。複雑なシリンダーであればあるほど空き巣は諦めやすいので、これを機会に自宅の鍵を見直してみましょう。

ロータリーディスクシリンダー

一般的なシリンダーは内筒が直接シリンダーの回転の障害となっているのですが、この回転を阻止するためにロッキングバーが組み込まれているのがロータリーディスクシリンダーです。ロータリーディスクシリンダーは正しい鍵を挿すと、全てのタンブラーの切り欠きがロッキングバーの位置に揃います。ロッキングバーがタンブラーの切り欠きの中に落ち込むと内筒におさまるので、内筒を回転させることができ、解錠する仕組みです。

ロータリーディスクシリンダーのピッキングが難しいとされる理由としては、全てのタンブラーの切り欠きが揃った状態でないとロッキングバーが動かないため、ピッキングをしている最中に1つ1つのタンブラーが正しい位置に入っているかどうかを感覚などで感じにくいからです。さらに近年流通しているロータリーディスクシリンダーの中にはダミーの切り欠きが入っているものが多くあり、さらにピッキングが難しくなっています。

ディンプルシリンダー

ピッキングやバンピングの被害に遭いやすいピンシリンダーをより複雑化したものがディンプルシリンダーです。比較的新しめの戸建住宅やマンションなどに採用されているシリンダーであり、ディンプルシリンダーは複数の方向からピンが刺さっていること、ピンの本数が多いことでピンシリンダーよりもピッキングやバンピングに強いタイプのシリンダーとなります。ディンプルシリンダーに使用する鍵の表面はデコボコしており、鍵に表裏がないのも特徴の1つです。複雑な構造でピッキングやバンピングの被害に遭いにくいという特徴があるディンプルシリンダーですが、中には品質が低いものもあるので、大手メーカーのディンプルシリンダーを利用すると安心かもしれません。

電子錠

ピッキングやバンピングなどの被害に遭うのは鍵穴が存在するからです。そこで近年一般家庭にも普及しているのが電子錠です。電子錠と言えば大手企業などで採用されているものを想像するので、一般家庭にもあると聞くと驚く人もいるのではないでしょうか。ですが一般家庭用のタイプであれば簡単な工事で取り付けることができ、シリンダーを交換する鍵交換と手間や時間はさほど変わりません。一般家庭向けに安価なタイプの電子錠が販売されるようになったのも普及している理由となっています。電子錠は暗証番号やカードキー、指紋認証などに対応しているものやスマホを鍵の替わりに使用することができるタイプもあります。鍵穴がないことでより防犯性を高めることができるのが電子錠であり、電子錠ともなればピッキング犯やバンピング犯は為す術もないことがわかります。

自宅の鍵を見直してみて、もしピンシリンダーなど防犯性が低いと考えられるタイプの鍵を使用しているのであれば、一度鍵を見直してみるようにしましょう。鍵屋さんに依頼することで防犯性が高い形状の鍵に手軽に交換することができます。

コラム一覧へ戻る

関連記事を見る