Follow us
  1. パドロック(南京錠)のある暮らしTOP
  2. コラム一覧
  3. 自宅の防犯対策
  4. 空き家のほうが危険? 空き家に行っておくべき防犯対策

空き家のほうが危険? 空き家に行っておくべき防犯対策

空き家であれば、貴重品のほとんどは持ち出されているものですが、だからといって防犯対策を疎かにはできません。安易に放置すると、空き家ならではのさまざまなリスクが懸念されるのです。空き家における防犯対策の重要性、また有効なテクニックなどについて、知っていきましょう。

空き家にも防犯対策が必要な理由

空き家は、人が住んでいない住居のことです。危害が及ぶ住人がいないので、防犯に重要性を感じにくいかもしれません。ですが、実は以下のような被害の可能性があることから、人が住んでいる家と同様に対策しておくことが欠かせません。

家財道具の盗難

空き家でも、家財道具が残されていることがあります。貴重品類はもちろん運び出されているでしょうが、大型のタンスやテーブル、ベッドなどは置きっぱなしにされていることも。このような大型の家具は運び出しが難しく、通常の住居であれば盗まれにくいですが、空き家となれば話は違ってきます。近隣にひと気のないタイミングを狙えば、堂々と盗み出すことができてしまうのです。置いたままとはいえ立派な財産、やすやすと盗まれたくはないものです。

不法侵入者による住みつき

世の中には、住む場所に困っている人はたくさんいます。そんな人物が不法侵入して住み着いてしまうというケースもありえます。他人に勝手に住みつかれて汚されてしまうのは、持ち主にとっては非常に不快なリスクでしょう。

犯罪への悪用

侵入者の中には、家を「悪用」しようと考える人物もいるかもしれません。犯罪拠点にして、悪事を働くといった可能性があります。犯罪者にとって、他人宅である空き家は足がつきにくい拠点として好都合です。空き家が悪用されれば、本来の持ち主は間接的に犯行に加担してしまうことになり、またタイミングが悪く犯罪に巻き込まれてしまうこともありえます。

ゴミの不法投棄

閉鎖された空間である家は、ものを隠すのに都合がよい場所です。そのため、ゴミの不法投棄に悪用される可能性もあります。外部からゴミを投げ入れる、廃棄に費用のかかる大型ゴミを運び込んで隠されるといった被害が懸念されます。汚れや臭いが発生する心配も伴い、対処がやっかいな問題です。

放火

放火犯は、快楽や達成感を目的にして犯行におよぶ場合が多く、火をつけやすければ無差別に対象にします。ひと気がなく、なおかつ管理が不十分になりがちな空き家もまた、放火の被害に遭う可能性があります。空き家に放火されて、その近隣の家まで火災に巻き込むことになれば、被害は甚大です。

 

空き家の防犯対策

空き家の場合、常時目が届かないため防犯対策は在宅時以上に難しく感じられますが、人の目を意識させたり、物理的な防護を施したりすることで犯罪リスクを減らすことができます。以下の方法を、ぜひ実践してみてはいかがでしょう。

定期的に空き家の清掃を行う

家や敷地に汚れが目立ってくると、住人の不在をアピールすることになり、侵入や放火などの犯罪を誘引する原因になります。定期的に訪れて清掃することをおすすめします。使っていなくても、家には何かとほこりや汚れは溜まってしまうものです。こまめに訪れて清掃し、荒れた外観になることを避けましょう。

防犯カメラや音がでる砂利の設置

防犯アイテムの代表格である防犯カメラを設置しておく方法はとても有効です。映像そのものはもちろん、そこに設置しているということ自体が抑止力となります。犯人も、逮捕されるリスクを冒してまで悪事を働こうとはそうそう思わないことでしょう。また、防犯カメラでは少し大げさ過ぎる、費用が気になるといった場合には、音が出る砂利も有効です。砂利を敷地内に敷いておくことで、侵入者が歩を進めるたびに足音が鳴るという状況が作れます。これにより、周囲に気付かれるかもしれないという恐れから、犯人は諦めるかもしれません。

防犯フィルムを窓に貼る

玄関の施錠をしていれば、狙われやすい侵入経路は窓です。防犯フィルムは、窓に貼ることで、衝撃を与えても容易に窓ガラスに穴が開かないようにするツールです。侵入者がフィルムにまで穴を開ければ窓の破壊は可能ですが、周囲に犯罪を悟られかねない大掛かりな作業となるため、犯行にはおよびにくくなります。防犯フィルムは手軽ながら、心強い効果的な対策となるでしょう。

門や玄関、ポストを二重ロックする

人のいない空き家では、通常の鍵だけでは心もとないです。もうひとつ後付けの鍵を用意して二重ロックにしておきましょう。施錠の堅牢性はもちろん、防犯意識がしっかりしているというアピールにも繋がるため、抑止力としても役立ちます。玄関だけでなく、門、ポスト、窓などに行うとより効果的です。

空き家は重要な資産に変わりなく、犯罪者などに狙われる可能性が少なくはありません。上記を参考に、空き家の防犯対策をしっかりおこなって、財産を守り、トラブルを遠ざけましょう。

コラム一覧へ戻る

関連記事を見る