Follow us
  1. パドロック(南京錠)のある暮らしTOP
  2. コラム一覧
  3. 鍵の豆知識
  4. どのピンシリンダーなら安全? ピンシリンダーの仕組みについて

どのピンシリンダーなら安全? ピンシリンダーの仕組みについて

ピンシリンダーは、基本的な鍵の構造のひとつです。身の回りにある多くの鍵に使用されているので、安全な施錠を考えるのであれば知っておいて損はないでしょう。以下は、ピンシリンダーに関する詳しい情報のまとめです。特徴や仕組みを理解して、効果的な防犯ツールとして役立ててみてはいかがでしょうか。

ピンシリンダーとは?

ピンシリンダーは、その名の通りピンを用いた鍵の仕組みとなっていますが、外見的にそこまで大きな特徴があるというわけでもありません。ピンシリンダーとは内部構造の名称であるため、どのような仕組みで開閉されているのかが重要となってきます。

身の回りのあらゆるものに使われているため、使用したことがないという人の方が少数派かもしれません。そうはいっても、そこまで複雑な構造でもないので、重要性の高い鍵としてはあまり使われていません。事実、ヘアピンや針金といった簡単な道具で開けることも可能であるため、防犯性はあまり高いとは言えません。

メリットとしては、値段が比較的安い点が挙げられるでしょう。複雑なものを作るには、技術や労力、費用がかかります。ですがピンシリンダー錠は、構造がシンプルなため、安価で製造できるので、販売価格も比較的リーズナブルです。施錠をおこないたい、だけど複数個所に設置しなければならないため、あまり費用はかけられない、そんな際に魅力的です。

またもう一点、ピンシリンダーは、塵やほこりに強いことも大きなポイントです。ほこりが詰まってしまうと開けられなくなってしまうため、この特徴はとても重要といえるでしょう。

ピンシリンダーは何処に使われている?

前述のような特徴から、コストを抑え、ほこりや塵の影響を受けやすい場所で多く用いられます。主には、ロッカーや物置、机の引き出し、パドロックこと南京錠が代表的です。また、少し古いタイプの住居玄関の鍵として使われている場合もあります。

特徴としては、一般的な「鍵」を連想したときに思い浮かぶ形状になります。つまり、金属製の棒状のものであり、なおかつ一面にギザギザがつけられたタイプのものです。一方複雑で高度な現代的な鍵の場合は、比較的平面的であり、なおかつ横面にへこみや穴がつけられています。これはいわゆるディンプルシリンダータイプのものであり、多面的にピンを動かす仕組みとなっているため、このような形状となっています。

ピンシリンダーの構造と仕組み

ピンシリンダーは、ピンを用いた仕組みが特徴的な構造です。 とはいえ、前項のように複雑なディンプルシリンダーもまたピンを使用しています。ピンシリンダーは、どういった仕組みが伴うのでしょうか。

ピンシリンダーの鍵は、一面がギザギザ形状となっています。これにより、一方に設置された複数のピンを押し上げて鍵を開けられる状態にするのです。具体的には、ピンそれぞれについたシャーラインというラインを合わせることによって回転させられるようにします。一面のみにピンが施されている、これこそがピンシリンダーの大きな特徴といえるでしょう。ディンプルシリンダーについては、複数面にピンが施されています。

閉める際にも、同じ仕組みが機能します。ピンがぴったり揃わなければ回転しないので、ペアになっている鍵がなければ開け閉め共にできません。これにより、防犯の役割を果たしているのです。

ピンシリンダーの防犯力

シリンダーは、主に3種類が代表的です。ピンシリンダーとディンプルシリンダー、そしてディスクシリンダーです。ディスクシリンダーは、現在多くの住居にもちいられている鍵の形状であり、ピンシリンダーと同様に多く見かけることができます。

ではピンシリンダーとディスクシリンダーを比べたとき、どちらの方が防犯に適しているのでしょうか。防犯に効果的な方を挙げるとすれば、それはピンシリンダーです。ディンプルシリンダーと比べて単純な作りであるとはいえ、ピンシリンダーはディスクシリンダー以上に効果的です。

理由は、ディスクシリンダーはピンでなくディスク上のタンブラーが複数並んだ構造となっており、ピンシリンダー以上にピッキング被害の危険性が高いためです。そのため、代表的なシリンダー3種を比較したとき、ピンシリンダーはディスクシリンダーとディンプルシリンダーの中間的な防犯レベルであると考えておくと良いでしょう。

上記の通り、現在多くの住居でディスクシリンダーがもちいられています。これは従来防犯性に優れた鍵としてもてはやされていたためですが、現代のピッキング技術の向上を考えると、危険性が高いため理想的といえません。

しかし、堅牢性を誇るディンプルシリンダーは高価なので、決して気軽に検討できるものではありません。また、チリやほこりに弱いというデメリットも伴います。もし自宅の鍵にディスクシリンダーが採用されている場合には、ちょうど良い特徴や費用感が伴う、ピンシリンダーへ変更を検討してみてはいかがでしょうか。

コラム一覧へ戻る

関連記事を見る