Follow us
  1. パドロック(南京錠)のある暮らしTOP
  2. コラム一覧
  3. 鍵の豆知識
  4. 簡易的な鍵を部屋に取り付けたい場合の鍵の設置方法とは

簡易的な鍵を部屋に取り付けたい場合の鍵の設置方法とは

鍵と一口にいっても、使用する場はさまざまです。家の外部に面した玄関や窓などの鍵のほかに、家の内部、たとえば部屋、戸棚、収納などにかける鍵もあります。前者は防犯の要としての鍵ですが、後者は、生活上の安心、安全、快適性をもたらす簡易なものであることが多いでしょう。以下は、後者のような簡易な鍵を部屋につけたいときに役立つ情報をまとめています。ご参考にしてください。

 

簡易な鍵を部屋に取り付けたい理由を明確にしよう

まずは、その場所になぜ鍵を取り付けたいと思ったのか、振り返ってみましょう。そもそも家が作られたとき、そこに鍵が取り付けられなかったということは、基本的に鍵が必須な場所ではないはずです。にもかかわらず、鍵の取り付けを検討しているのは、何か理由が生じたからでしょう。

例として、「子供が鍵を付けたがっているから」「幼児の安全のため」「ペットの侵入を防止したいから」などが考えられます。子供が自室での時間を邪魔されたくないのであれば、鍵は子供部屋のドアの内側につけるタイプが必要です。また、親の留守中に、幼児が危険物のある部屋に入りこむのを防ぐためなら、その部屋のドアの外側からかけるタイプで、かつ幼児が突破できない程度の仕組みや強度の鍵でよいでしょう。このように、なぜ鍵を付けるのか理由を明確にしておかなければ、鍵を選ぶことができません。理由によっては簡易な鍵では物足りない可能性もあります。もし防犯を主目的とするのであれば、専門業者に相談して、本格的な鍵を設置すべきなのです。

 

簡易的な鍵を購入する前に確認するべきこと

鍵をつける理由を明確にし、どこにどのような鍵を取り付けるかを決定できたら、鍵を購入する前に、実際に取り付ける場所がどのようなタイプかをチェックしておく必要があります。

たとえば、部屋のドアの厚み次第で、取り付けられる鍵や必要な強度などが異なってきます。鍵の種類によっては、ある程度の厚みがなければ取り付けられないこともあります。メジャーなどを使って、細かく記録しておきましょう。

また、戸の開き方も重要です。ドア(開き戸)であれば、扉の厚みが一緒でも、外開きなのか、内開きなのかで適切な鍵の種類が変わってきますし、引き戸の場合は、引き戸向きの鍵が必要ですので注意しましょう。使えないタイプを間違って購入してしまわないよう、事前に確認してから鍵を選ぶことが重要です。

 

自分で簡易な鍵を付ける方法

簡易な鍵であれば、業者に頼むことなく取り付けられる場合があります。以下のような例を知っておくと便利です。

 

ドアの場合

現在のドアノブをはずして、鍵がかけられるドアノブへ交換する方法があります。鍵のついていないノブの場合、簡単な工具で外せるケースが少なくありません。ただ、前段で触れたように、一見同じドアでも、外開きか内開きか、右に開くか左に開くか、施錠箇所が内側か外側かなどで、適した鍵やドアノブが違いますので、購入時に注意が必要です。

ドアノブを換えるのではなく、ドアとドア枠に、ワイヤーロックやパドロック(南京錠)をかけられるような金具を取り付けて施錠する方法もあります。ただし、取り付けに穴をあけるタイプのものなどは、賃貸物件では不向きですので注意が必要です。

 

引き戸の場合

引き戸なら、内側に施錠する場合はインサイドロックで鍵を取り付ける方法が効果的です。頑丈なかんぬきでロックする形となるため、防犯効果も高めです。また、ドアの項目で紹介したように、パドロックやワイヤーロックを使える金具も取り付け可能です。設置や操作方法がより手軽であるため、DIYなどが苦手な人でも実践しやすい面があります。

また、鍵とは構造自体はそこまで複雑なものばかりではありません。目的によって、それこそ扉が開かないようなつっかえ程度でも役割を果たすわけですから、強度を気にしないのであればわざわざ買いに行かずに、簡単なDIYで楽しみながら作っても良いかもしれません。

 

簡易な鍵に防犯性を期待してはいけない!

用途と場所によっては、鍵は簡単な仕組みのものでも事足りますので、上記のようなコツを押さえて簡易な鍵を生活に取りいれましょう。扉の特徴にあわせ、簡単ながらしっかり目的を果たす鍵を取り付けてください。

なお、ここまでご紹介した内容は、あくまでもささやかな安心や快適性のための鍵をつける場合の話です。本当に重要な部屋を守るためともなれば、簡易な鍵、ましてや安易な自作はおすすめできません。個人で工夫したところで、知識豊富な空き巣犯の格好のターゲットになってしまいます。屋外と屋内を繋ぐ扉に自作した鍵を使用するのは禁物です。盗難のプロに付け込まれる可能性のある場所には、専門業者に依頼して、防犯性に優れた適切な鍵を付けてもらいましょう。

コラム一覧へ戻る

関連記事を見る